広島の人事労務 情報ブログ

広島の経営者様・人事労務担当者様が押さえておきたい人事労務の最新情報をまとめたブログです

広島市雇用調整助成金等申請費用補助金

現在、広島県内の各市町村が中小企業者が雇用調整助成金の申請に際し、社労士に依頼した場合の報酬を補助する制度を設けていますが、ついに広島市の詳細情報が公開されたのでご紹介します。

●対象となる制度
(1)雇用調整助成金
(2)緊急雇用安定助成金
(3)新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応コース
(4)型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金
(5)新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金

●対象(次の(1)~(3)のすべてを満たす事業者)
(1)中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項各号で定める中小企業者及びフリーランスを含む個人事業者
(2)新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業等を行い、国の雇用調整助成金等について支給決定を受けている事業者
(3)次のいずれにも該当しない事業者
 ①広島市税を滞納している事業者
 ②その他この補助金交付にふさわしくない行為があったと認められる事業者
 ③他の同種同類の補助金等を受けている事業者

●補助対象経費
社会保険労務士に支払った次に掲げる経費(消費税及び地方消費税を除く。)
(1)国の雇用調整助成金等の申請書類の作成に要する経費
(2)提出代行または事務代理に要する経費
(3)前各号に付随して必要な経費
(4)その他市長が必要と認める経費

補助金の額及び補助率
(1)補助金の額は、1事業者につき上限10万円
(2)補助率は経費の10分の10
(3)補助金の交付回数は、休業等の初日が令和2年1月24日から令和2年7月23日までの間の国の雇用調整助成金等の申請について、1事業者につき1回

●申請の受付期間
令和2年6月1日(月)から令和3年3月31日(水)まで

なお、申請方法は、「ウイルス感染症予防の観点から、窓口での申請による密集・密接を防ぐため、郵送での提出にご理解・ご協力をお願いいたします。」とのことです。詳細につきましては、以下の広島市のホームページを確認するか、社労士までお問い合わせください。

www.city.hiroshima.lg.jp

 

福山市雇用調整助成金申請サポート補助金

現在、広島県内の各市町村が中小企業者が雇用調整助成金の申請に際し、社労士に依頼した場合の報酬を補助する制度を設けていますが、今回は福山市の情報についてです。

●対象者(全てを満たす方)
福山市内に事業所を有している中小企業者・小規模事業者
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業などにより雇用調整助成金の支給に必要な書類を社会保険労務士に委託された方
雇用調整助成金の支給決定をうけている方
・市税の滞納がない方

補助金
 1社10万円を上限に、補助対象経費の全額を補助

●補助対象経費
・広島労働局へ提出する雇用調整助成金の申請書類の作成に要する経費
・上記に付随する経費
・その他市長が必要と認めた経費

●補助対象期間
 休業の初日が2020年1月24日~同年7月23日までのもの
 
詳細は以下の福山市のホームページを確認するか、社労士までお問い合わせください。

www.city.fukuyama.hiroshima.jp

 

 

廿日市市雇用調整助成金受給サポート補助金

東広島市呉市に続き、廿日市市も、中小企業者が雇用調整助成金の申請に際し、社労士に依頼した場合の報酬を補助する制度を設けました。

●対象者(全てを満たす方)
廿日市市内に事業所を有している中小企業者
雇用調整助成金の申請を社会保険労務士に依頼している方
・市税を滞納していない方
暴力団および暴力団員などに該当しない方

補助金
 1社20万円を上限に補助対象経費の全額を補助

●補助対象経費
 雇用調整助成金の支給申請事務を社会保険労務士に依頼したことにより要した経費

●受付期間
 令和2年5月20日から当面の間
 
詳細は以下の廿日市市のホームページを確認するか、社労士までお問い合わせください。

www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp

 

【WEB採用活動】広島県内企業向けの採用支援サービス申込み開始

わくわーくネットひろしまでは、「令和2年度 ウェブによる採用活動を支援します!」として、採用活動に有益なサービスを提供しています。


新型コロナウイルス感染症の影響により、従来型の採用活動が難しくなった中で、WEBによる採用活動を検討したい広島県内企業向けの支援サービス申込み受付が5月25日から開始されました。


サービスを利用できる企業の条件は、

  1. 本社所在地が広島県内であること
  2. 中小企業基本法第2条第1項で定める中小事業者であること(わくわーくネットひろしまでは「県内企業であれば企業規模を問いません。」としているので要確認)
  3. 令和2年度卒業・修了予定者の採用計画があること


支援内容は

  1. 企業紹介動画の撮影からSNS配信までのハウツー動画(20分程度)等の視聴 
  2. 電話・メールによるサポート(5回まで)を受けることができる、企業紹介動画作成の個別サポート・アドバイス(先着200社限定) 
  3. 2020年6月1日オープン予定の県内企業の企業紹介動画配信サービスサイト「Go!ひろしま企業紹介動画WEB」に無料掲載

となっています。


サービス利用には事前の申込みが必要になります。

また、このサービスの他にも、採用活動を支援するための様々な情報が掲載されています。
リンクは文末にありますので、必要に応じてご利用下さい。

 

【参考リンク】

わくわーくネットひろしま令和2年度 ウェブによる採用活動を支援します!

 

ご相談・お問合せはこちら

広島総合社会保険労務士法人

社会保険労務士6名在籍!人事労務の「困った!」に、親切・丁寧・迅速に対応します

 

【新型コロナウイルス感染症】企業が実施したい5項目

令和2年5月14日、広島県の緊急事態宣言が解除されました。
しかし、未だ新型コロナウイルス感染症の脅威が過ぎ去った訳ではありません。


広島県は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、5月15日に対処方針を定めました。
その中で、企業が遵守を求められている項目をご紹介します。

 

(1)「広島県新型コロナウイルス感染症に対する安全職場対策シート」を活用して、「3つの密」の回避、発熱者等の事業所等への入場防止(検温・体調確認を行い、体調不良の従業員の出勤停止など)や、飛沫感染(従業員のマスク着用、手指の消毒、こまめな手洗いなど)接触感染防止のための対策(店舗・事業所内の定期的な消毒など)、人と人との距離確保等、各事業所の実情に合わせた感染防止策を自発的に講じること。
(2)屋内外を問わず、大勢の者が参加し、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等の開催を自粛すること。ただし、2(5)に掲げるイベントについては、感染防止対策を講じた上で、開催停止要請を解除する。
(3)休業を行わない事業所等においては、不急な会議や出張を中止し、Web会議、テレワークの活用などにより、出勤者数を5割削減することを目指す。また、出勤した場合にも、座席間の距離をとることや、従業員の執務オフィスの分散などを促す。
(4)事業所等に出勤する従業員に対しては、時差出勤、自家用車・自転車・徒歩等による出勤を促す。
(5)緊急事態宣言が発令されている都道府県への不急の出張や人の往来は、感染防止の観点から厳に避けること。また、その他の都道府県についても、不急の移動は避けること。 


企業には、引き続き感染拡大防止のための取組が求められています。
この対処方針の期限は令和2年5月31日となっていますが、動向に注視しながら感染を未然に防いでいきたいものです。

 

※イベントに関しては、以下の条件を満たせば開催停止要請を解除するとしています(上記項目(2)中の「2(5)に掲げるイベント」の内容)。


【目安】
・屋内であれば100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすること
・屋外であれば200人以下、かつ人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2m)


次のような感染防止対策を講じること。
① 三つの密の発生が原則想定されないこと。
② 入場者の制限や誘導、手指の消毒設備の設置、マスクの着用等、適切な感染防止対策が講じられること。
③ イベントの前後や休憩時間等の交流を極力控えること。
④ 密閉された空間で、大声での発声、歌唱や声援又は近接した距離での会話等が原則想定されないこと。

 

【参考リンク】

広島県新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の今後の対応

新型コロナウイルス感染症に対する安全職場対策シート

呉市が雇用調整助成金の社労士報酬を10万円まで補助

先日、東広島市雇用調整助成金の社労士報酬の補助についての情報アップしましたが、呉市も同様に、中小企業者が雇用調整助成金の申請に際し、社労士に依頼した場合の報酬を補助する制度を設けました。

なお、呉市の場合は、雇用調整助成金の他に、持続化給付金についても補助対象とのことです。

●対象者は次の全てを満たす者
呉市内に事業所を有している中小企業・小規模事業者
・新型コロナ対策に伴う国、広島県及び呉市補助金等により、その支給に必要な書類を行政書士又は社労士に委託をした者
雇用調整助成金、持続化給付金、広島県感染症拡大防止支援金等の国、広島県及び呉市の支給決定を受けている者
・市税の滞納がない者
暴力団暴力団員及び暴力団員等に該当しない者

補助金額(申請は1回限り)
 雇用調整助成金は上限10万円(雇調金以外は2万5千円)

●補助対象経費
 雇用調整助成金等の申請に要する社労士への手数料

詳細は以下の呉市のホームページを確認するか、社労士までお問い合わせください。

www.city.kure.lg.jp

 

東広島市雇用調整助成金受給サポート補助金

東広島市が、中小企業者が雇用調整助成金の申請に際し、社会保険労務士に依頼した場合の報酬を補助する制度(東広島市雇用調整助成金受給サポート補助金)を設けたとのことです。

●対象者は次の全てを満たす者
東広島市内に事業所を有している中小企業者
・新型コロナの影響に伴う休業等により、雇調金の支給に必要な書類を社労士に委託をした者
雇用調整助成金の支給決定を受けている者
・市税の滞納がない者

補助金額(申請は1回限り)
 10万円を上限に補助対象経費の全額を補助

●補助対象経費
 雇用調整助成金の申請に要する社会保険労務士への手数料

詳細は以下の東広島市のホームページを確認するか、社労士までお問い合わせください。

www.city.higashihiroshima.lg.jp

 

 

ご相談はこちらへ↓↓↓

広島総合社会保険労務士法人